車買取の手順ガイド【必要書類など持ち物リスト】

愛車を査定してもらい見積もりに納得すれば買取の契約をすることになります。査定時には本人確認証と車検証の確認で済みますが、買取の契約をするとなるとたくさんの書類が必要になります。
まず、車検証は当然として自賠責保険証書、自動車納税証明書が必要になります。もし保管してあるならば車の整備手帳や保証書、取扱説明書も合わせて用意しましょう。通常ならば車のダッシュボード内に一式が保管してあるはずなので、持ち出したりしていなければ用意するのに苦労はしないでしょう。
車に付随する書類のほかには実印と印鑑証明が契約のために必要になります。印鑑証明は役所に出向いて取得する必要があるので、これだけは前もって用意しておいたほうがいいでしょう。また、最近引っ越しなどをして車検証などに記載されている住所と現住所が異なる場合には、住民票の提示を求められる場合があります。該当する方は印鑑証明と同時に住民票も申請して取得しておきましょう。
契約が済めばあとは車を引き渡し、そのあと代金を受け取ります。もしローンが残っていたり、所有者の名義変更が必要な場合はそれらの手続きが済んだ後に代金の支払いとなります。少額ならばその場で支払われますが、一定以上の金額となると口座振込みが一般的です。

大人気の記事