【車検の期限】車検切れの方が良いですか?【車買取最高額は?】

車を査定に出して売却する時、車検の残り期間も一つのポイントとなります。
一般的には、次回の車検までの残り期間が一年以上あるとプラス査定が得られます。車買取業者にとって、車検の残り期間が多いというメリットは大きな魅力です。

 

【車検の期限】車検切れはNG?

そのことをアピールすれば、購入者にも販売しやすいからです。購入者としてもすぐに次の車検を受ける必要がなく、費用の節約につながります。
では、車検の残り期間が一年を切っている場合はどうすべきでしょうか。このケースでは、若干のマイナス査定は避けられません。
そこで、「次回の車検を受けてから売却すれば、査定額がアップする」と考える人もいるでしょう。しかし実際は、新たに車検を受けても受けなくても査定額に影響はないのです。

 

【車検の期限】車検切れの場合

車検は、その車を使用する人にのみ必要不可欠なものです。車を売却する人からすれば、車検の残り期間の有無を考える必要はないのです。
車買取業者としても、車検切れの車を引き取っても特に問題はありません。再度車検を受け直し、その費用を購入者に請求すればよいわけです。
ですから、多額の費用をかけて車検を通してから査定を受けても、さほど意味がないのです。むしろその分の費用がかさみ、トータルでは損をすることも考えられます。
車検の残り期間にはこだわり過ぎず、売り時を逃さずに査定を受けた方が良いでしょう。

大人気の記事