車買取ガイド※キズがついている車って直した方がお得ですか?

車についた小さい傷を直した方がいいという意見も良くありますが、車の買取では直さない方がいいと思います
実は修理した部分というのは査定金額を減らす要因となってしまい、思ったほど買取価格が高くならないという問題が発生します。また業者にわからないように直したとしても、その道のプロは再塗装をしているかどうかを瞬時に判断します。そのため自分で直さなかったとしても、業者に依頼して修理をしていると安くなります

こうした状況を考えると、車の傷は直さないでそのままにしておくのがいいと思います。確かに買取価格への影響というのは出てきますが、それでも直して安くなるよりはマシです。直すことによって大きく損をすることになりますし、その効果が期待できないのでは意味がありません。従って見栄えが悪い状態であってもそのままにしておきます
多少の傷なら減額に繋がらないこともありますし、意外と買取査定に影響が出ない部分なら問題は無いと判断されます。明らかに大きな傷は予め伝えてから査定を受ければ、ちょっとだけ減額を抑えることも可能です

直した方が綺麗にはなりますが、だからと言って査定額が上昇するということはありません。査定をする方の眼は厳しいのです

大人気の記事